HOME >> 化粧品輸入代行

化粧品輸入代行サービス

化粧品を輸入するためには、まず輸入しようとする化粧品が日本の法律(薬事法)を満たしているかどうかの確認が必要です。また、輸入しようとする化粧品に関する薬事法関係の諸届出手続きも必要です。いざ輸入となると貿易に関する知識はもとより、輸入品の荷受人は化粧品の製造販売業の許可を得ておかねばなりません。受け入れた商品には薬事法に沿った表示をしなければなりません・・・。

これらの面倒で複雑な作業に労力も時間もかけたくないというお客様のために、弊社がこれらの作業・手続き全てを代行いたします。

しかも、お客様のご予算に合わせて、お安くリーズナブルな料金の化粧品輸入代行サービスをご提案させて頂きます。

化粧品輸入代行サービスの流れ

化粧品輸入代行サービスの流れ

輸入代行手数料料金表

項目 数量/時期 料金
初期費用(新規製品の場合)全成分チェック 1商品 5,000円
初期費用(新規製品の場合)外国製造販売業者・製造業者届出+化粧品製造販売届出 1商品 5,000円
成分分析料 1商品 実費+手数料5%
輸入代行料(最低手数料20,000円) 輸入時 インボイス価格の5%
通関諸費用(弊社通関の場合は更にお安くなります。) 輸入時 実費
検品・出荷判定料・化粧品・パッケージ表示対応料 1個 ~50円
ロット保管料 1品目 1,000円/月

化粧品輸入代行サービスに関するQ&A

1、貿易の仕組みがよくわからないのですが。

何も問題ありません!弊社がステップを踏みながらご説明いたします。

2、最初に必要な資料は何でしょうか?

INCI 名が書かれた成分表、外国の製造業者のデータ(名称、住所、連絡先など)などです。

3、成分分析は必要でしょうか?

化粧品に使用できる成分の種類、量については薬事法上で規制がなされています。従って薬事法の規制に抵触していないことを担保するためには成分分析は必須であるといえます。但しどのレベルまでの分析をするか/しないかは商品の種類や過去の輸入実績、お客様の考え方などによって変わってきます。弊社はお客様とご相談のうえでお客様にとって最善の方法をご提案いたします。

4、検品・出荷判定の料金には幅があるのですか?

薬事法対応の表示シールを弊社が貼付する、など状況によって変わってまいります。
最大でも1ピースにつき50円まで、という事であり、パッケージに予め薬事法対応の表示がなされている場合はもっとお安くさせていただきます。

5、ロット保管料とは何ですか?

製品品質のチェックその他の理由で、輸入製品サンプルの保管を弊社にご依頼の場合の料金です。
化粧品輸入代行に関するお問合せはこちらをクリック!